食べすぎると…

2019/12/08
ロゴ

食べすぎると免疫力低下します!

免疫とは、「疫=病気」

つまり病気を免れる為に備わった体の機能です!

簡単に言うと体の血液の中を泳ぎまわっている白血球の事です。

お腹いっぱいになると食物中の栄養素が胃腸から血液に吸収されて血液中の栄養状態もよくなる。

すると、それを食べた白血球も満腹になり外からバイキンやアレルゲンが侵入してきても体内でがん細胞が発生してもちゃんと食べようとしなくなるんです!

つまりは免疫力が落ちるっていうことですね!

 

逆に空腹のときはそのまるっきり反対になるので、バイキンや、がん細胞、アレルゲンを処理する能力が高まる。

つまりは免疫力がたかまるってことですね!

 

病気をすると食欲がなくなるのは白血球の力を強めて病気を治そうとする力に他ならないってことですね!

今の時代は何でもある時代です!

24時間いつでも手に入ってしまいます!

ちなみに空腹になるとあるモノが起動します…

スゴイ優れたものです!

現代の人達には残念ながらあまり機能していないんだろうなって思います…

その話はまた次回(*・・*)੭ ᵇᵞᵉ ᵇᵞᵉ